読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おれんじの観察日記

声優オタクがある日ジャニーズの沼にハマったとさ…

『まじポン!』のココが好き。

 

 

私の好きなラジオ番組『まじポン!』についてお話したいと思います。

この番組を聴いたことがない人は、このブログを読んで興味を持ってくれたら私が泣くほど喜びます…。既にリスナーの方は…是非お友達になりたいです(笑)

 

 

基本情報

   *パーソナリティ

    ・間島淳司(まじまじゅんじ)

        あだ名・まじー、まじ兄

        職業・声優

        誕生日・1978年5月13日(現在38歳)

        血液型・A型

        事務所・アイムエンタープライズ

 【アイムエンタープライズ公式ホームページ Talent Profile

        

     ・菅沼久義氏(すがぬまひさよし)

        あだ名・すがぽん きゅうちゃん マヌガス

         職業・声優

         誕生日・1978年9月30日(現在38歳)

         血液型・O型

         事務所・青二プロダクション

 【青二プロダクション 菅沼久義】      

  

   *放送情報

   ・地上波放送:ラジオ関西(AM558KHz)にて毎週土曜日25:30-26:00

   ・ネット配信:アニたまどっとコムにて火曜日16:00頃更新(配信期間・1週間)

     →アプリでも聴取可能(無料)、『ラジオ関西』 で検索

 

   *アーカイブ

   「まじポン!」DJCDvol.1〜3(第1回〜第39回収録)アニたまSHOPにして発売中

 

 

『まじポン!』とは…?

公式HP【http://anitama.com/majipon/

 2012年4月7日に始まった『間島淳司菅沼久義がお送りする、“まじ”で“ポン!”と思いつきで始まった番組』(※公式HP引用)

(『まじポン!』は、間島淳司が『まじ』、菅沼久義が『ポン!』が担当している)

  

 

『まじポン!』のココが好き

  • パーソナリティの仲の良さ

  私がこの番組を好きな大きな理由は”パーソナリティの仲の良さ”です。上記にあるように、2人は同い年です。(1978年午年生まれ)そのため、変に気を遣ったり・遣われたりというのがなくフラットな関係で会話が繰り広げられます。同い年ならではの良い意味で遠慮の無い・ストレスを感じさせない雰囲気が聴いていてとても心地が良いのです。

  また、この番組は始まった当初から2人の仲の良さを垣間見ることができます。よく、番組を通してパーソナリティ同士が仲良くなっていくことはありますが、この番組は開始当初から仲が良く、最初から相性はバッチリです。…と言うのも、この番組は菅沼さんがラジオの相方として間島さんを指名しました。ラジオ本編で下記のような発言があります。

菅沼『”まじポン!”という番組を始まるにあたり私は一番初めにオファーを頂いたんですけども「菅沼さん、一緒に誰とやりたいですか?」と、マリンさん*1に言われた時に僕は、「間島淳司さんがいいです。まじーが一番ね、僕 ラジオやった時に絶対にいい感じでうまい具合にラジオがまわっていくと思うので」って話をしたらマリンさんも「間島さんがいいなと思っておりました」ということで。で、まじーにその旨を伝えて、まじーも、「いいよ、いいよ」

と二つ返事でしたので、ということで始まったまじポン!なんです』

スタッフさん側がキャスティングして始まるアニラジも多いですが、この番組は「この人とラジオをやりたい!」「この人となら番組がうまくいく!」というはっきりとした意志を持って始まったからこそ、番組開始当初から息の合ったトークが聴けたのではないかと思います。

 

  2人の仲良しエピソードとして私が好きなのは、ラジオ内で「相手をどう想っているか…?」という心理テスト*2を行った回。「尊敬している」「好き」「嫌い」「友達」「なんとも思っていない」の診断結果の中から結果は…なんと2人とも「好き」。その診断結果に「気持ち悪いわ!ww」と笑いあうお2人がとても印象的でした。男子高校生の休み時間をのぞいているような、ゆるーい時間がそこには流れておりました(笑)

『まじポン!』は相思相愛のお2人がお送りしております(笑)

 

 

また、こんな可愛らしいエピソードも…。

この間島さんが”菅沼さんの曲を聴いている ”というツイートに対し、菅沼さんは”自分の曲を聴いてくれている…!”(CABA*3の宣伝もしてくれているし)ととっても嬉しく思ったのですが、いざリプを送ろうとしたら”恥ずかしい”と思ったらしく、ラジオ内で「実はあのツイートに”ありがとう”と返事しようと思ったんだけど、恥ずかしくてできなかったんだよね(笑)」と明かしていました。そして、改めてラジオ内で「ありがとう」と間島さんに伝えておりました。30代後半の男性同士がするやり取りにしては、あまりに可愛くてほっこりする内容ですよね。

 

  他にもこのお2人の仲の良さを感じるエピソードは多々ありますが、特に私の中で印象に残っていたものをご紹介いたしました。是非ラジオ本編を聴き、ご自身の耳で仲良しトークを聴いてみてはいかがでしょうか。

 

 

  • 毎回、安心安定のクオリティ

 『まじポン!』 の強みとして「どの回もトークが安定している」という点があると思っています。そう、いつ聴いても安心安定のトークを提供してくださいます。 構成作家ちゃんこちゃんも、以前体調不良で収録に立ち会えなかった際「まじポン!は何の心配もなかった」と仰っていたほどです。2人のトークは作家さんからも信頼されています…!

 

 基本『まじポン!』は打ち合わせをほとんどせず収録を始めるらしく、パーソナリティ・スタッフが集まれば「さっ!始めよう!」という勢いらしいです(笑)(どこまで本当のことを言っているかは分かりませんが…笑)勢いのまま収録していて、毎回あの高クオリティ…。番組として企画を練る大切さもありますが、企画頼りでないただ純粋にお2人のトーク力で成り立っているのです。土台がしっかりしてるからこそのあの高クオリティなのです。ハズレ回なんてありません。

 

 このクオリティの高さは、パーソナリティのバランスの良さだと私は思っております。と言うのも、『まじポン!』 はパーソナリティそれぞれの役割がはっきりしています。簡単な言葉で表現すると、菅沼さんが「ボケ」で間島さんが「ツッコミ」。この役割分担は番組当初から全く変わっていません。お互い「ボケ」と「ツッコミ」の役割をしっかり果たしているため、毎回安定した番組をお届けすることができるのだと思うのです。当たり前のことのようでこの役割分担が番組を面白くする非常に重要なポイントなのではないかと私は思います。

 

 

 余談ですが、MSWR*4での間島さんのまわしが最高of最高なのです。イベントでの間島さんのまわし芸は天下一品なのでここで少しだけご紹介させてください。

 

 私が特に好きなのは2012年『まじポン!』コーナー、『クイズ!カリスマ☆モンスター 菅沼久義!』というもの。名前の通りクイズ形式で菅沼さんの生態を明らかにしていく…という内容なのですが…。この間島さんの司会がちょ〜〜〜キレッキレなんですよ!!!冒頭のやり取りを少し引用しますと…

間島「はーい!どーも!これからは『まじポン!』チームがホストになって企画をお届けしたいと思ってます!司会進行は、私”まじ口”でございます。」

 

回答者*5「「まじ口さーーん!!」」

 

間島「おいっ!お前ら元気??!」

 

回答者「「げ、げ 元気…!!」」

 

間島「元気がねぇな!!!クズどもが!!!

 

回答者「「口悪いなwwwww」」

 

間島「…なんか文句あるの?」

 

回答者「…全然ないです…。」

 

間島「つまんねぇ奴らだな!!

見てください…このキレッキレ具合。ちょ〜気持ちいいです(笑)冒頭だけでも相当面白いのですが、実際にクイズを答えていく場面もめちゃくちゃ面白いです。回答者たちが自由にボケ倒していく中、次々と処理していく間島さんの姿は圧巻ですよ!!(正解がかなり解り難いものの、ボケたがりの回答者たちをちゃんと正解まで導く間島さんの司会力は是非とも見ていただきたい…!!)

 

 MSWRでの『まじポン!』 コーナーは2012年だけでなく毎年面白いです、かなり面白いです!!(大事なことなので2回言いました)どの回もDVD化されていますので、是非ラジオ本編と合わせこちらもチェックしてみてください…!

 

 

  • “まじ”で“ポン!”と思いつき

最初にも記述しましたが、この番組のコンセプトは『“まじ”で“ポン!”と思いつき』 。かなり自由度の高い番組なのです。一度ラジオ本編を聴いてみればわかるのですが、話してる内容は非常にくだらないです。…生活していく中で全く役に立たないでしょう…(笑)

 ここ最近の放送で個人的に「くだらねぇ〜な!!」と思ったのは『おっぱいしりとり』。…はい、皆さん初めて聞く単語かと思います…『おっぱいしりとり』。この『おっぱいしりとり』(←言いたいだけ)とは、皆さんもご存知であるだろう『しりとり』遊びに少しアレンジを加えたもので、5回目で必ず『おっぱい』に繋げるといった遊びでございます。*6この遊びのキーとなっているのが、3回目。4回目は最後の文字を『お』にしなければならないので、4回目を答え易くするため3回目の人は考えて答えなければなりません。(以外に難しい)

 そして、実際に間島さん菅沼さんが遊んでみたやりとりがこちら。

間島「『いわし』(1回目)

 

菅沼「し…『しわ』」(2回目)

 

間島「『ワールドワイド』」(3回目)

 

菅沼「ど、ど、ど『”どてら ”だお』」

 

一同「「wwwww」」

 

菅沼「ほら、『◯◯◯だお』って言うじゃん!そういう子!『どてらだお』〜♪」

 

作家「あんまし可愛くないwwww」

 

菅沼「俺は可愛くない!!!w
いや、『どてら』って言う子可愛いよ!

 

男『今日寒いね〜』
女『どてら だお〜』

 

みたいな!
……『どてら だお』!!』(4回目)

 

菅沼・間島「「おっぱい!!!ww」」(5回目)

と、こんな感じ。

『どてら』なら分かりますが、『どてら だお』と語尾を変えるなんて…自由ですね〜!最後に一緒に『おっぱい』と答える声はとても楽しそでした。

 『どてら だお』と、何ともふわっとした単語で無理くり通したので、最初の文字を変えもう一度挑戦してみました。

菅沼「『椎間板ヘルニア』」(1回目)

 

間島「『アホウドリ』」(2回目)

 

菅沼「『リストバンド』」(3回目)

 

間島「…『ど』!?!?!!!
『どてら だお』!!!」(4回目)

 

菅沼・間島「「おっぱい!!!!!!!ww」」(5回目)

……おや?また『どてら だお』という単語が…。あれほど3回目は大事だと言っていたのに…まさかの1度目と同じ『ど』で終わらせるという…(笑)間島さんの「『ど』!?!?!!」という反応があまりにも面白くて……そこからの流れはとても綺麗でした(笑)

 ちなみに、一回目は間島さんが『いわし』から始めておりますが、最初は菅沼さんに『い』がふられ『いんげん』と答え、まさかの1回目で終わらせるというファインプレー(?)を見せています。

 しりとりだけでこんなにも盛り上がった現場を見た(聴いた)のは初めてでした。何より、本人たちがめちゃくちゃ楽しんでいたのが可愛くてしかたがなかったですね(笑)”ルール上最後に『おっぱい』を言わなければならない”という中で『おっぱい』を発言できてとても楽しかったのでしょう。男の人って、いくつになってもアホですね。…なんて。

 

 これはとある回のオープニングトークですが、基本どの回もこんな感じのノリです。えぇ、自由にくだらないことを話しております。記憶に残らない楽しいお話をたくさんしております。本人たちもエンディングには、「オープニングトークで何話してたっけ?」となることも。…けど、「ラジオ」ってそういうものの方が楽しかったりしますよね?勿論、何か有益な情報をお届けしてくれる番組もとても魅力的ですし、そういう番組も必要ですか、アホでバカで中身のない番組だけどただひたすら”笑った”という番組もとても魅力的ですよね。何も考えずただ笑える時間を提供してくれる『まじポン!』が私は大好きなのです。

 

 

  • まとめ

 と、まだまだこの番組の好きなところはあるのですが…。DABA*7愛が強かったり、年末には『とねキヨ!』*8の放送があったり、異業種の方がゲストに来たり、生誕祭が秀逸だったり…バースディ超人のことだったり…と書きたいことはまだたくさんあったのですが……これは自分の耳で聴いてこそ面白いのかな…と思いましてここでは詳しく話さないことにしました。(書きたくなったら、また別であげようかなぁ…と思います)

 

 ここまで読んでくださった方はお気付きかと思いますが、何か特別なことは私は何も書いてません…。既にリスナーの方は『うん、知ってる』といった感じで何も得るものはなかったと思います…。『まじポン!』を聴いたことがない方に向けて、本当にほんとうに基本的なことを並べてみました。

 私の語彙力では、この番組の面白さの1割も伝わらないのが悔しいです…。本当に面白いんだよ…

 

とにかく聴いてみて!!!!!!

 

 

以上です。

*1:提供:マリン・エンタテインメント

*2:相手の気持ちを知ることができる心理テスト:『どれか好きな指を引っ張ってみて』と、相手に親指、人差し指、中指、薬指、小指の中から1本選んでもらう

*3:CABA(カバ):間島菅沼が所属している音楽ユニット。小野大輔近藤孝行と4人で活動している

*4:マリンスーパーウェーブアール、通称MSWRで(エムエスダブリューアール)年に1度、マリンさん提供番組が集まりイベントを開催しております。『まじポン!』も2012年から毎年参加しております。ただ、残念ながら2016年は開催しない方向になったようです…

*5:立花慎之介日野聡小野大輔近藤孝行寺島拓篤羽多野渉

*6:考案者は、サブ作家の西村さん

*7:午年声優7人のユニット・小野大輔近藤孝行菅沼久義間島淳司立花慎之介日野聡福山潤

*8:利根健太朗、山口 清裕がパーソナリティになります

はじめまして。

 

 

はじめまして。

おれんじと申します。

唐突にブログを始めたくなりまして、このはてなブログを開設した次第です。

(更新頻度は……低いと思います)

 

 

というのも、最近”ジャニーズ”というものに興味を持ちました。(友人に布教された結果)

新たな沼に(しかもこんな大きな)足を突っ込むなんて…不安しかない…(お金や時間的な不安ね)

今まで漫画・アニメ・声優さんにしか興味がなかった私にとって”ジャニーズ”はあまりに未知の世界で…まだこのジャンルのことが右も左も分からない状況です…。

(しかしながら、母親は元ジャニオタ。そして、私はジャニーズではないが2次元アイドル大好きマンなので、いずれジャニーズを好きになるだろうな…と心のどこかで思ってはいた)

”熱しやすい”性格をしてる私は今もの凄いスピードで情報を漁ってる毎日です。

そこで、何か”発言したい!!”という思いがあった時ここに書き留めておこうと思いまして……。

Twitterに投稿しようかとも思いましたが、長文連投でTLを埋めるのも気がひけるので…”長くなりそうだな…”と思ったらこちらに投稿しようかと思います。

 

 

投稿内容は私の趣味全てになるかと思います。

ジャニーズだけではなく、私の現フィールドである漫画・アニメ・声優の話題もするかと思います。

時にはこの2つのジャンルを比べて語る日もあるかも…。

(全く違うジャンルを絡めて論じるなんて、一切需要ないかと思いますが……自分の好きなものと好きなものを絡めて語るのって…オタク好きじゃん?(笑))

自由に自分のペースで投稿していこうかと思います。

 (そして、文章を書くことにより語彙力を増やしていこうという裏テーマが…。もっと上手に言葉を並べられるよう訓練です…)

 

⚠️私の心はプレパラートよりも割れやすいです。批判されると一瞬で粉々です。

優しく見守ってくださると幸いです…。

ただ、批判と意見は違うので…もし今後ご意見ありましたら、コメントの方にどうぞ…。

 

 

ではでは…失礼します(*_ _)